一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

  長期優良住宅認定制度がスタートして一年以上がたちました。
長期優良住宅による税制優遇や住宅エコポイント、
また、木の家整備促進事業の助成など、建築主や工事施工者など優遇されるものがたくさんありました。

エコポイントは今年度の7月着工分までとして終了してしまいますが、
長期優良住宅制度は制度自体がなくなることはないでしょう。
しかし、今は促進の時期なので税制面などで優遇されていますが、
この先、長期優良住宅の基準があたりまえになるとなくなることになるでしょう。
ちなみに愛知県は長期優良住宅の認定件数は日本一だそうです。
それだけ住宅に関心があるということです。

さて長期優良住宅を取得されて住まわれているかたはこれから長い年月の間、維持管理ということを
していかなくてはなりません。
工務店さんが行ってくれるから、まかせておけば大丈夫 と思っている方、
一度考えてみてください。
維持管理をきちんとしていけば、住宅の資産価値が高くなります。
永く建物として継続していくための基準です。
そのためには、自分の家の状態もきちんと把握しておいたほうがいいでしょう。

また、これからの維持管理の記録は残しておくこと。
何年何月に点検をした・修繕した・どこを・どのように。
など、できるだけ細かく。
ご自身でも点検できます。
・基礎にひびがはいっていないか
・床組はきしまないか。音がならないか
・小屋組から雨漏りはしないか
・外壁の色おちや劣化はないか
・雨どいの破損はないか
・軒裏に雨漏りはないか
・室内建具の開閉に支障はないか
・水廻りの設備に異常はないか
などなど。
外から目でみられるものばかりです。
そこで変だなと思ったら、点検時期ではなくても工務店さんへ連絡をしてみてもらいましょう。
可能であれば、床下や小屋裏なども少し覗いて写真をとっておくことをお勧めします。

きちんとした維持管理ができてはじめて長期優良住宅の資産価値が高く評価されることになります。
ご自分の家の為に、できることからはじめましょう。             ★・★

  • -
  • 18:49
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ビレイパレスのホームページはこちらから

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM